【人材育成】できる上司がやっている 部下の育て方

コミュニケーション

こんにちはyuchanです。

今回のテーマは『人材育成』。

私もサラリーマンをやっておりまして、中堅の位置づけとなってきました。

これまでは上司の悪口なんか言ったりしていましたが、今後はそちらの立場になっていきます。

今すでに部下を持っている方、これから部下を持つ方におすすめの内容をまとめましたので記事にしたいと思います。

これを読めば、部下との信頼関係が築ける良い上司になれるはずです。

ぜひ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

ティーチングだけでなくコーチング

ティーチングとは知識やスキルを教えることです。

当然、上司として部下にそれらを教える事は大事なのですが、それだけではいけません。

できる上司は『コーチング』もやっています。

コーチングとは、仕事の目的や背景を理解させ、部下自らの自発的な行動を引き出すことです。

言われた仕事をやってるうちは成長は見込めません。

自分事としてとらえ、自発的に動くことで部下は成長します。

そのためには、しっかりと腹に落ちるまで部下と話をしましょう。

納得していないまま仕事をすると、「やらされ感」を感じモチベーションの低下につながります。

また、仮に失敗してしまった場合、やらされ感だと反省しないため成長に繋がらないのです。

時間はかかりますが、めんどくさがらず丁寧に指導しましょう。

成功の成果は部下に 

絶対にやってはいけないのは成果の横取りです。

もう最低です。

そんな上司、尊敬できるはずがありません。

部下のアイデアや努力があっての成功です。

それをリードしたのがあなた自身であったとしても、成功の際には部下の手柄としてあげましょう。

見ている人はちゃんと見てくれているものです。

「部下が自分一人でやったように思われたら、自分の存在意義がなくなるじゃないか!!」なんて不安がある人ほど、部下の成果を取り上げ「私の命令でやりました!」と言うのでしょう。

私欲むき出しの上司ほどあわれなものはありません。

失敗は自ら盾に

これまた絶対にやってはいけないのは責任の押しつけです。

部下の仕事は自分の仕事と考えましょう。

部下が失敗するという事は、部下を成長されられなかった自分の指導力不足です。

失敗した時の責任は自らかぶりましょう。

その姿を見て、部下は絶対に同じ失敗はしまいと考え成長していきます。

間違っても、「これどうするつもりだ!お前の責任だぞ!」なんて言ってはいけません。

責任を取るのは上司の仕事です。

指示命令するのではなく任せる

プレイヤーだった時に成果を挙げてきた上司ほど、部下に任せられない人が多いです。

しゃべり方や資料の構成、フォントや色など細かいところまで指摘したくなってしまう人はとても多いです。

自分がやってしまえば、早いし質が良いのもわかりますが、それではいつまで経ってもあなたはプレイヤーから離れられません。

リーダーこそ自身の経験を封印し、失敗してもいいから部下に任せ経験を積ませるべきなのです。

『任せる』と『放任』は違います。

任せるというと、無責任なイメージを持たれる方もいますが、違います。

リーダーは成功へのビジョン(進むべき道)を示し、部下にある程度の裁量を与え、任せるのです。

成功すれば成功体験を身に着けることができますし、失敗した場合でも、自分で決めて行動したことであるため反省し次に活かすことができ成長へと繋がります。

どんどん任せ、部下を成長させていきましょう。それが上司の役割です。

最後に

以上をまとめます。

できる上司はやっている 部下の育て方
  • ティーチングだけでなくコーチングも大事
  • 成功の手柄は部下にあたえよう
  • 失敗の責任は自ら盾になろう
  • 積極的に部下に任せ成長させよう

 

以上、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

このブログではみんなの学びの動機に繋がるようなきっかけを作れたらと思い記事を書いています。

これを読んで面白いと思ったら、ぜひ自分でも調べて学んでみてください。

他にもいろんな記事を書いていますので、よかったら見ていってください。

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました