【おうち時間】頭がよくなる おすすめボードゲーム『犯人は踊る』

ボードゲーム

こんにちはyuchanです。

頭がよくなるおすすめボードゲームシリーズ。

今回は『犯人は踊る』というカードゲームを紹介します。

頭を使いながらも、相手を観察し駆け引きをして勝敗を争うゲームです。

これもまた楽しく頭を使うので、おうち時間にお子様と遊ぶにはおすすめです。

スポンサーリンク

ゲームの概要

簡単に言うと犯人カードを持っている人が誰かを言い当てるゲームです。

探偵カードを持っている人は、犯人を言い当てれば勝ち。

犯人カードを持っている人は最後まで言い当てられずに逃げきれたら勝ちといったゲームです。

途中、カードを交換したり、ババ抜きをしたりするのでカードが入れ替わったりします。

カードを引いた時の反応や捨て札から手持ちカードを推理して犯人を特定していく推理ゲームです。

セット内容

12種類のカードが合計32枚入っています。

一枚しかないカードから、複数枚入っているカードもあります。

カードの絵柄は恐ろしく怪しいパッケージからは想像ができないほんわかした絵柄です。

僕は結構この絵好きですw

犯人や探偵などの主要カードのほか、『取り引き』や『情報操作』、『うわさ』などプレイヤー同士でカードを交換したりするカードもあります。

また、『少年』や『目撃者』など相手のカードを見る事ができるものもあります。

遊び方・ルール

使用するカードの枚数は、参加する人数によって異なります。

必ず入っているカードもありますがランダムで入れるカードもあるので、どれが何枚入っているかは毎回異なります。

一人4枚ずつ配り、手札に『第一発見者』が含まれていた人からゲームをスタートします。

第一発見者は今回起こった事件を全員に伝えてからスタートします。

 例)「私のケーキが何者かに食べられてしまいました。」

その後、順番に手札を一枚ずつ出していき、探偵カードを持っている人は犯人を言い当てられたら勝ち、犯人カードを持っている人は逃げきれたら勝ちです。

途中、『取り引き』で誰かとカードを交換したり、左回りにカードを渡したりするときがあります。

その時のわざと犯人カードを渡し、探偵カードで指名するのも戦略です。

犯人は探偵に指名されたら正直に答えなければいけないルールですが、同時にアリバイカードを持っていた場合、「あなた犯人ですね?」と指名されても「いいえ、違います」と答える事ができます。

ただし、犯人が勝つためにはどうしても最後の一枚になる時にアリバイカードを捨てなければいけません。

残り2枚で、アリバイカードを捨てる人は犯人である可能性が高いです。

探偵カードが何枚含まれているかわからないため、上手な駆け引きが必要です。

身につく思考力

このゲームで遊ぶことで以下の思考力が身につくと考えられます。

身につく思考力
  • 洞察力
  • 推理力
  • 判断力

周りのカードを引いた時の反応や捨て札などをよく観察する洞察力。

そこから、相手のカードを予測する推理力が身に付きます。

またプレイ中、手持ちの札から探偵側で勝負するか、犯人側で勝負するかの判断力が問われます。

途中まで犯人だったが、最後に他人になすりつけて探偵側に移るなど状況に応じた的確な判断力が身につきます。

最後に

このゲームは家族や友達と集まってやるととても盛り上がります。

人数が多いほど犯人がわかりづらいので面白いですね。

順番にカードを出す、カードを交換する、指名するくらいしかしないので小さな子供でも理解しやすいのがとても良いところです。

子供と遊びながら推理力を磨くのもよし、ホームパーティーや宅飲みなどでみんなで楽しむもよし。

子供から大人まで楽しく遊べるボードゲームです。

ぜひおすすめです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

このブログでは、学びの動機に繋がる情報を発信しています。

他にもこのような内容の記事をたくさん書いています。

よかったら他の記事も見ていっていただけると嬉しいです。

これを見ておもしろい、興味あると思ったことがあったら、ぜひご自分でも調べて学んでみてください。

学び始めのきっかけになったら嬉しいです。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました