【自己分析】やりたいことの見つけ方 3つの要点!

仕事術

こんにちは!yuchanです。

今日は僕のやりたいこと探しについて書いていこうと思います。

きっかけは過去の記事にも書いた通り、もっと自由に生きていいんじゃないかと思いいろんな本を読んで考えたことを自分なりの解釈で書きたいと思います。

やりたいことが見つからない』

そんな人多いんじゃないでしょうか?

自分探しの旅に出かける人もいますが、そんなことする必要ありません。w

以下で解説していきますので、最後まで見ていってくださいね。

スポンサーリンク

やりたい事を見つけるには

長続きする本当にやりたい事を見つけるには、以下の3つを考える必要があります。

  • 好きなこと(興味のあること)
  • 価値観(大切にしていること)
  • 得意なこと

当然ですが、好きな事じゃないと長続きするのは難しいです。

どんなに好きなことでも自分の大事にしている価値観とズレていたり、不得意なことだと面白くないですよね?

せっかくなら自分の得意とするものを活かして楽しい事やりたいと僕は思います。

そこで、これらを考えていくために『自己分析』が必要になります。

自己分析

やりたいことを見つける前に、自分のことを知る必要があります。

「自分の事なんて自分が一番知ってるよ!」

なんて思う人もいるかと思いますが、僕も思っていました。

でも、なぜ?どうして?どんな時?など、深く掘っていくと意外と答えられない。。。

例えば僕は以下のような感じでした。

なんで新しいことしたいの?

⇒このままじゃいけないと思って変わりたいから。

何をやって変わりたいの?

⇒副業とかやって自分の力でお金稼いだりしてみたい

じゃあなんでお金が必要なの?

⇒自由な生き方するにはお金が必要でしょ!

じゃあ、自分が考える自由な生き方ってなに?

⇒やりたいことやって生きていくこと

じゃあ、そのやりたい事って何?

⇒うっ。。。なんだろ??(汗)

意外と自分の事なのにわかっていないものです。

自分を理解するには自分が大事にしていることを理解する必要があります。

価値観の見つけ方

価値観とはこれまで生きてきた中で自然と大事にしてきていることで、とくに意識して考えてきていなくても誰しもなんとなく持っているものです。

とはいえ、すぐには思いつかないと思います。

自分の価値観を探すのに役立つ問いがあります。

例えば以下のような問いです。

  • 一番影響を受けた人は誰?その人のどんなところ?
  • 両親の好きな所、嫌いな所は?
  • 一番好きな本は?どこが好き?
  • 尊敬できない人は?どんなところ?
  • 不満に思うことは?
  • どんなことに幸せを感じる?

5W1H(What,When,Where,Who,Which,How)で問いかけると深く掘り下げることができます。

僕の場合、行動を起こして何か実現している人に憧れたり、慎重派で新しい行動には消極的な父にイラっとしたりすることがありました。

そこから自分は『行動する』という事を大切にしている事が分かりました。

大事にしていることが一つとは限らないので、同じようにたくさん出していくことで自己理解が深まっていくと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

次回の記事では、得意なこと探しについて書いていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました