【Search Console】モバイルユーザビリティに関する問題の対処方法

ブログ

こんにちはyuchanです。

先日、いつものようにGmailを確認したら、サーチコンソールから「モバイルユーザビリティに関する問題が検出されました」との内容でメールが来ていました。

始めは何のことかさっぱりわかりませんでしたが、何とか解決することができたので解決までに僕が取った対処法を紹介したいと思います。

これもまた、同じような困った方のためになるように記事にして残したいと思います。

お困りの方はぜひ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

問題の内容

まず、以下のようなメールがサーチコンソールから届きました。

↓実際のメール

モバイルユーザビリティ??

一体何のことかわかりませんでした。

なんとなく、モバイル端末で閲覧した時の『使い勝手』に関する問題化と認識しました。

とはいえこれだけでは一体何を言われているのかわからなかったので、メールについていた『モバイルユーザビリティの問題を確認する』というリンクを押してリンク先に飛んでみました。

すると、サマリー ⇒ エクスペリエンスと進むと『モバイルユーザビリティ』という項目で失敗が1件と表示されていたので、『レポートを開く』をクリック。

すると、以下のようなエラーが3つ出てきました。

テキストが小さい??

大きい字は使ったことがあっても小さい書体なんて使ったことがない。

他の2つも、全く何を言っているのかわかりませんでした。

とりあえず、一つ問題を開いてみることに。

するとどうやら、先日投稿したボードゲームの紹介記事に対してエラーが出ていることが分かりました。

そして右側にある『ライブページをテスト』をクリック。

すると結果は『このページはモバイル フレンドリーです』。

どういうことやねん!!

どうやら先日投稿した以下の記事に挿入した絵にカードの例を載せたのですが、そのカードに書かれている文字に反応したようです。

サーチコンソールはロボットが徘徊して各ページを監視しているそうです。

人間が見れば明らかに『人に読んでもらうための字』ではないことがわかるのですが、所詮ロボットなので読めない字、つまりユーザーにやさしくない記事だと判断されてしまったようです。

対処法

字を消して修正しようかとも思いましたが、ライブページテストの結果がフレンドリーだったのでこのまま申請をすればいいのではないかと考え申請する事にしました。

結論は、何も修正しないまま申請が合格し、問題が解決しました。

それでは申請手順を解説します。

先ほどの問題のページで『修正を検証』をクリックします。

すると『初期検証中』と表示され、しばらくすると。

保留のところに1が表示されました。

すると、Gmailに『問題の修正を検証しています』というメールが届きました。

同様に他の2件も『修正を検証』を押しました。

合格通知

数日後、『問題が修正されました』とのメールが届きました。

リンク先を確認してみると、以下のように3つのエラーに対し『合格』がついていました。

詳細を開いてみても合格と表示されています。

以上でこの問題は解消することができました。

今回、僕の場合はGoogleロボットの誤認識だったと思われるのですが、実際本当に問題であった場合、記事を修正してから上記手順で申請することで解消するものと思われます。

同様な現象にお困りの方の参考となれば嬉しいです。

 

最後まで見ていただいてありがとうございます。

このブログでは、学びの動機に繋がる情報を発信しています。

他にもこのような内容の記事をたくさん書いています。

よかったら他の記事も見ていっていただけると嬉しいです。

これを見ておもしろい、興味あると思ったことがあったら、ぜひご自分でも調べて学んでみてください。

学び始めのきっかけになったら嬉しいです。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました