【得意なことがない人必見!】自分の個性を武器にする3つの方法

仕事術

こんにちはyuchanです。

自分には得意なことが無い、人に胸張って言えるようなことが無い。

そう悩んでいる人、多いのではないでしょうか?

学生の頃は点数を取れば褒められた。

しかし、社会に出ると成果出さないと褒められない。

今自分は何ができるんだろう。何が人より優れているんだろう。

得意分野ありますって胸張って言える人いいなぁ~

なんて思ったことありませんか?

以下で詳しく説明をしていきます。

ぜひ最後まで見ていってくださいね。

スポンサーリンク

得意なこと=個性

得意分野はその人が持っている『個性』です。

自分自身の個性を見つけ出し、他者と戦える武器にしましょう!

「ところで個性ってなに?」

と思うかもしれませんが、簡単に言うと『人より優れている点』です。

「そんなんわかるよ!それがないって言ってんのやんか!」

という声が聞こえてきそうですが、意外とあるんです。

自分では気づいてないだけなんです。

そんなに自分では苦に思ってないことでも、人よりも自然とできてしまう

そんな体験あったら、もうそれは個性です!

就活生が自身の強みをアピールするのにも使えるので、ぜひ参考にしてみてください。

個性の見つけ方

個性の見つけ方は大きく以下の3つがあります。

  1. 自然と人よりできる事
  2. 人ができないことでイラっとする事
  3. 苦手、弱みなどネガティブの裏返し

1つ目は、前述したように自分ではそんなに頑張ってないのに、なぜか人よりできてしまった

もしくは人から褒められた。なんて経験はないでしょうか?

人がなかなか出来ないことをあなたがあっさりとやってのけてしまうのなら、十分な武器です。

2つ目は、人の行動でイラっとする事ありませんか?

「なんでそんなんもできひんねん!」「アホやな、もっとこうしろよ!」とか。

自分の特技がないと言いながら、人の批判ばっかり得意な人いませんか?w

それって自分がその人よりできるからなんです。

「アホやな、貸してみぃ。こうやるんや!!」

ってあなたがやってあげたら、絶対仕事早いですよね。

それもう、あなたの得意なことです。

3つ目、この考え方結構おすすめ。

自分の良いところ見つけるの難しいのに、自分の悪いとこばっかり見つかるじゃないですか。

あ~自分アカンなぁと思うんじゃなくて、ポジティブにとらえてみましょう。

例えば、『自分はめんどくさがりで、いつも楽しようとする』とします。

要は無駄な事したくない人なんですよね。

ポジティブに捉えれば、『本当に効果のあるものだけを効率的にやる方法を考えられる人』です。

一気に仕事できそうな人な感じしませんか?

このようにして、自分の個性を得意な武器に変えていきましょう。

ちなみに僕の例を紹介します。

<実際に僕を分析した例> 

  • 人にわかりやすく説明したり資料つくったら褒められたことがある。
  • 失敗を恐れてなかなか動き出さない人にイラっとする(すぐ行動)
  • 話が長い、押しつけがましい ⇒(自分の意見を主張できる)

これらが出てきたので、ブログで『新たな行動を起こそうとしている人』に向けて、自分の考えを発信しよう!となったのです。

やりたいことを見つけよう

これで、あなたの得意なものが見つかると思うのでそれを活かしてやりたいことを見つけましょう。

前の記事で紹介した『自分の価値観』と『好きな事(興味のある事)』を紹介していますので参考にしていただけるといいかなと思います。

  ↓過去の記事  ぜひ見てね!

それらを掛け合わせて、自分の個性を活かしながら楽しいことをやれたらとてもいいですね。

さらにそれでお金もらえたらこれ以上嬉しい物ないでしょ。楽しくて仕方がない。

人生が楽しくなるワクワクするような『やりたい事』をみんなで見つけていきましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

内容がよかったら、このような内容で書いてますので過去の記事も見てもらえたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました